【ふりかえり星読み】2018年12月14日

【ふりかえり星読み】2018年12月14日
「終わりを受け入れることで新しい世界への一歩を踏みだす」

14日の太陽系からのメッセージをカタチにします。

===============
すべてに終わりがあることを知りましょう
終わりを受け入れることでかすかな光が
大きな希望へと輝きます。
昨日とは違う景色が広がっても恐れずに

一歩踏み出しましょう。
===============

14日は
金冥の開き と
火天の結び が
同時に起こりました。

 

それぞれの会合について説明します。

「金冥の開き」
(14日の5:15に一番強い影響がありました。)

金星(豊かさ、愛、味わう)と
冥王星(終わりと始まり、魂の進化、深い真理)が
太陽をはさみ向かい合うことを

「金冥の開き」

と呼びます。

 

「火天の結び」
(14日の5:15に一番強い影響がありました。)

火星(活動、躍動感、情熱)と
天王星(根本から変える、魂の想いを伝える)が
最接近することを

「火天の結び」

と呼びます。

 

写真を見ると
可愛い顔の金星と冥王星、
火星と天王星が
それぞれ一直線になっているのがわかりますね。
これが「金冥の開き」と「火天の結び」です。

 

 

意味を簡単に説明すると、
金星が冥王星に向かい
火星と天王星が一体になる日
つまり、

「終わりを受け入れることで新しい世界への一歩を踏みだす」

という意味です。

 

例えば

「起こった問題の本質を見極めて、改善案を練り行動する」
「自分が抱えている感情や感覚をゆっくり感じてみたら新しい発見があった」

という感じ。

 

金星(豊かさ、愛、味わう)が
冥王星(終わりと始まり、魂の進化、深い真理)と
「向かい合う」ことと

火星(活動、躍動感、情熱)が
天王星(根本から変える、魂の想いを伝える)と
「一体になる」から

意味に想いをめぐらせてみてください。

 

「金冥の開き」と「火天の結び」はどのような影響を
私たちに与えそうでしょうか?

 

私はその日、送別会に出席していました。

職場でとてもお世話になった人で、
新しい人生を歩むため転職を決意されて
14日が最終出勤日だったんです。

 

少し不器用だけど真面目に丁寧に仕事に向かう人で
私が入社してから今までに得た商品知識の8割は
その人から教わったといっても大げさではないくらい^^

 

なので、退職の話を聞いたときは
かなりショックでした。

最終日なんて来なければいいのに~って
退職を受け入れられなくて、嫌で嫌で仕方なかったんです。

でもね、どれだけもがいても最終日はやってくるんですよ。

それが14日。
ちょうど「金冥の開き」と「火天の結び」の日だったんです。

 

その時に思いました。
もう、じたばたするのはやめて受け入れようって。

 

その人には目いっぱい、今までの感謝を伝えて、
ちゃんと挨拶をして自分の中で区切りをつけることで

翌日以降の勤務をどうカバーしていくのか
前向きに考えられるようになりました。

どんなことでも始まりがあれば終わりが来ます。
終わりを自分なりに受け止めてこそ
次の始まり、新しい事へ舵がきれるんだと
実感した日になりました。

 

あなたはどんな日々でしたか?
あなたの体験を教えてください。

※14日の5:15頃から1日程度をふりかえり
「金冥の開き」と「火天の結び」に関わる出来事があれば
ぜひ、あなたの体験をコメントしてください。
きっと気づきが連鎖していくはずです。

最後まお読みいただきありがとうございました^^
Rieko

関連記事

  1. 【ふりかえり星読み】2019/2/14金星☆天王星

  2. ふりかえり星読み【結び】と【開き】について

  3. 【ふりかえり星読み】2018年12月1日

  4. 【ふりかえり星読み】2019/01/11地球☆冥王星

  5. ふりかえり星読み2019/4/22~4/23水星☆冥王星/地…

  6. 【ふり返り星読み】2019/4/1金星☆土星

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ご案内

 

マヤ暦ティーチャーとしても活動中です♪

 

Riekoのメルマガ
 

 

facebook

【名前】

マヤ歴ティーチャー りえこ

【メッセージ】

マヤ暦&ヘリオセントリックで心地よい生き方を応援します

 

【PR】


【募集中】星と心がつながる講座