ヘリオセントリックの星読みとは

ヘリオセントリックとは

ヘリオ(太陽)セントリック(中心)という意味で、

太陽から見た時の惑星同士の関係性を読み解く方法を

ヘリオセントリック占星術と言います。

 

皆さんがよく雑誌やテレビなどで目にする12星座占いは

ジオセントリック といって

ジオ(地球)セントリック(中心)の星読み。

 

自分が生まれた場所(地球)から宇宙を見たときの

惑星同士の関係性を読むものをもとに作られています。

 

これが地球中心の12月7日(新月)の星の盤面

 

 

 

これが太陽中心の12月7日(新月)の星の盤面

 

 

 

同じ日時でも

地球から見るのと
太陽から見るのと

惑星の位置が全然違いますね^^

 

 

ジオセントリック占星術は

天動説(地球は動いていない。天だけが動いている説)が

信じられていたころに作られた占星術です。

 

 

一方、ヘリオセントリック占星術は

現在は常識となっている地動説(地球も動いている説)

をもとに考え出された方法で

ジオセントリック占星術に比べて歴史が浅く

知っている人がまだまだ少ない、

 

 

逆に言えば、これから大きく広がる可能性を秘めた占星術なんです。

 

 

なので当然、

それぞれの盤面から読み取れる事柄も違います。

 

 

ジオセントリック占星術は地球【自分】を中心にして宇宙との関りを読むので

感情の動き、適職、人生の転機といった個人の人生の流れや

タイミングを読み取るのに最適です。

 

 

私が提供する

ヘリオセントリック占星術は

 

 

自分も宇宙の中のひとつであり

宇宙の動きに合わせて、自分も進むことが

魂が喜ぶ生き方

 

という考え方をします。

 

 

私たちそれぞれが生まれたときの惑星の配置を

太陽から見たとき

 

内惑星【水星・金星・地球・火星】

外惑星【木星・土星・天王星・海王星・冥王星】

 

の繋がり方(角度)を読むことで

 

 

どんな能力を使いながらどんな目的に向かって

どんな役割で生きていくのか

 

を読み解くことができるんです^^

 

 

 

ヘリオの星を読むことで

「私たちはみんな違っていて当たりまえなんだ」

「個性は宝物なんだ」

ということがわかります。

 

ちなみに

この星読みに吉凶はありません。

 

吉凶を超えた広い視点で

私たちに

清々しい生き方を教えてくれますよ♪

 

最後までお読みいただきありがとうございました^^
Rieko

 

★ただいまヘリオセントリック星読みのモニターさん募集中です★

 

関連記事

  1. 「ヘリオセントリック」星の意味

  2. 【ふりかえり星読み】2018年12月15日

  3. 水星に縁がある人【動画あり】

  4. 【ふりかえり星読み】2018年12月14日

  5. 【ふりかえり星読み】2018年12月1日

  6. 勝手に星読み練習帳【元 貴乃花親方】

ご案内

 

マヤ暦ティーチャーとしても活動中です♪

 

Riekoのメルマガ
 

 

facebook

【名前】

マヤ歴ティーチャー りえこ

【メッセージ】

マヤ暦&ヘリオセントリックで心地よい生き方を応援します

 

【PR】


【募集中】星と心がつながる講座